朝日二丁目とは

朝日2丁目は、JR湖西線の小野駅の北1K程にある、世帯数280世帯ほどの小さな自治会です。見下ろせば琵琶湖が眼下に広がり、後ろには比良山脈がそびえています。
昨今の町内会を取り巻く環境は、少子高齢社会の進展や生活スタイルの多様化により、町内会を基本とする地縁のつながりが薄れてきている状況です。
そのため、子育ての悩み、教育、あるいは加齢や障害による体力の衰え、将来への不安などを誰にも相談できずに一人で抱え込むなど、問題が深刻化する状況にあります。 一方、地域の住環境整備や環境美化、防犯・防災など個人の力では解決できない問題が増えていることから、「私たち自身のこと」としての共通認識に立ち、力を合わせて解決することが一層求められています。
私たちは、さまざまな人との関わりの中で生活しています。また、東日本大震災等の災害をきっかけに、日頃からの顔の見えるつながりと地域の絆づくりが見直されています。
一人ひとりが地域で連携し連帯感を持って活動する町内会活動は、住民パワーが結集することで大きな地域力になり、大津市が進める市民協働のまちづくりの基盤となっています。
『毎日安心して暮らせていること』。これこそが町内会の力です。  私たちの町内は、このことを踏まえ、人と人の繋がりや住み良い住環境を目指しています。

トピックス

  • ぶらっとサロン通信 令和2年7月増刊号 令和2年7月15日発行(第8号) 本年、ぶらっとサロン通信を創刊(令和2年2月4日発行)し、参加雀士(ツバキ名のニックネームで紹介)のコメントを載せてきましたが、5月号でメンバー1 […]

    続き

  • 囲碁入門講座通信 令和2年第12号 令和2年7月10日発行 7月9日現在の「コロナとのつきあい方滋賀プラン」は『注意ステージ』です。 累計で104人(+3)の陽性患者が出ていますが年齢別の構成は、20歳未満7.7%(8人 […]

    続き

  • スマホに入れている大津市防災アプリ「大津市防災ナビ」ですが今回の大雨で木戸・伊香立地区の避難勧告で突然音声で案内がありました。初めてなのでビックリと感心です。 今までは、他地域の地震や警報は表示されるだけだったのですが( […]

    続き

  • 少しずつ以前の生活スタイルを実践したい‥‥、コロナウイルス拡散、二次感染を警戒しつつ、ひとり一人の生活リズムを保ちながら。  

    続き

  • 6月に入って小野市民センターも平常の開館運営を再開しました。私たち朝日2丁目自治会も密閉、密集、密接に警戒を怠らず、少しずつ日常生活を取り戻していきたいと思います。今日は「卓球しよう」の練習再開の光景を拝見しました。 4 […]

    続き

  • 感染防止のため後記の対策を取って、6月3日(水)から 恐る恐る再開します。 当日は、検温をし、マスクを着用して参加願います。 対策 ①入場の前後に、備え付けのハンドジェルで手指を消毒 ②チェックシートの6項目に該当しない […]

    続き

  • 昨年に続き今年もサツマイモを植えました。 昨年は、丸々と太った芋が出来たので、今年は、3列と昨年より1列多く植えこみましたのが、さて「取らぬ狸の皮算用」にならなければ良いが? より多くの収穫が期待されます。秋には皆でおい […]

    続き

  • コロナウイルス19 拡散の影響がこんなところまであると言われれば思い当たることがある。韓国がフィリピンからゴミを強制送還されたという話は新しい。日本は韓国以上にゴミの輸出国だ。コチトラもそう涼しい顔をしていられないはず… […]

    続き

  • 未明に降り出した激しい雨が開式の2時間前にはウソのようにピタッとやみました。住民に広く広報する余裕がなかった急転回の陶板設置であったので、参加者が少なくなるのではないかという心配は、杞憂に終わりました。定刻には40名ほど […]

    続き

町内散策

  • 本格的な梅雨入りの季節を告げていますが、町内のお宅のお庭にも沢山の種類と色のお花が咲き誇っているようです。 この一週間は晴天に恵まれています。そのせいか、梅雨の主役であるアジサイも何か困っている顔をしているような気がしま […]

    続き

  • 昨日夫婦でマキノ高原から赤坂山に登った、山に登ったのは昨年の秋以来、半年以上前である。 コロナ騒ぎ自粛で、うずうずしていたがやっと滋賀県の登山口の駐車場も6月から解放され、天気も良さそうなので行ってきたが、マキノ高原は土 […]

    続き

町内画像 スライド表示

当サイトの運営にご参加ください

このサイトを複数の方での運営を(投稿記事含め)考えております。
長くサイトを維持して行く為には、複数の方の関わり合いが必要です。病気や転移等の為にページが更新できずそのまま消えていくサイトを多く見てきましたが、その多くは一人の方が管理、運営、投稿と個人の力でやられていることが最大の原因です。
多少知識は必要ですが、「管理ができる」「簡単な記事は書ける」「サイトにアップロードできる」などどれか一つでも、ご協力ご参加いただけると助かります。
知識や方法などは、分かる限りの範囲で、優しくゆっくり丁寧にお教えいたしますので、大丈夫です。
ご自分のホームページを立ち上げる、パソコンのスキルの習得をする機会にもなりますので、なにとぞご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

画像処理・インターネット・ホームページあれこれ、お教えいたします。